無理してでも実現したいプランが生じた時には

優先順位を考えて予算の組み換えをする

注文住宅での家造りは一から自由に造れるのがメリットですが、価格に関してはあまり希望を盛り込み過ぎるとどんどん高くなる可能性があるので注意が必要です。まずは希望をしっかり伝えてそれが実現できるプランを出してもらうと良いでしょう。すると建築士はいくつかのプランを用意してくれるので、その中からより自分たちに合ったプランを選択していきます。いくつかのプランを見ていくと気になる設備や素材などがあり、それらをすべて盛り込むと予算オーバーしてしまうかもしれません。その時はそれぞれに優先順位をつけてみましょう。優先順位が高い部分はできるだけ取り入れるようにし、順位が低い部分は導入を諦めたりグレードダウンして予算調整します。

専門家に欲しい設備の必要性を確認する

家造りでは素人である注文者と専門家である業者が話し合いをして内容を詰めていきます。注文者は素人なのでまず希望と予算を伝え、専門家は予算の範囲内で希望が叶うような設計を考えてくれます。希望の設備の全てが予算の範囲内で組み込めれば問題ありませんが、全て入れると予算オーバーになるときもあります。その時は希望した設備に関する必要性を専門家に確認すると良いでしょう。素人からすると良く見える設備が、専門家から見ると高いわりにあまり使い勝手が良くないものもあるでしょう。逆に希望には出していない設備の中に割安で使いやすい設備などがあるかもしれません。全てを自分の希望にしようとするのではなく、専門家の意見も取り入れると予算に合わせやすくなります。